読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MomoIro Days

カラフルでも無色でもなく、淡く色づいた日々を送りたい

TrySail1stツアー① 大宮公演

こんにちは。

 

 

11月6日(日曜日)に大宮ソニックシティ大ホールで行われた『LAWSON presents TrySail First Live Tour “The Age of Discovery”calling at OMIYA』に参加してきました。ちなみに天気は曇りでした。(晴と雨のせめぎあい…)

f:id:amayo401:20161116020638j:plain

以下レポと雑感をダラダラと書きます。

 

【注意】

基本的には普通のレポですが、①メモ無しのため記憶が曖昧②時々発言が危ない③たまに辛口のコメントもある、という3点をご了承ください。

 

 

 

大宮公演は、TrySail初のライブツアーの1つ目の公演ということと、直近の11月3日に麻倉ももさんがソロデビューをしたこと、また12月17日に公開される映画「好きになるその瞬間を」のテーマ曲である『センパイ。』の試聴が始まっている事などから、会場前の待機列で「新曲やるかな?」「BraveSailってどんな曲なんだろう」といった話題で盛り上がっていました。ぼくが。

 

さて、入場。入口が狭くて2列分の幅しかなかったので、3列で並ばされていたために詰まっていたのがちょっと不満点。でもそれなりにスムーズな入場だったと思います。

入場後は物販の前のスペース端で、当日初公開だった『センパイ。』のShortMVをずぅーーーっと見てました。はい。(1番のストーリーやばいね、これ)

 

会場内はさざ波的なBGMでなんともこれからの航海を予感させるような演出。ちなみに僕は2階中央あたりの席でした。

 

 

少し押しての開演。

 

まずはスクリーンにキリッと海軍的な衣装を着た3人のビデオが流れ、会場は盛り上がっていました。あの衣装見たいですね。

 

 

『Sail Out』。まさに出航という曲なのでテンションも上がる。

前奏で気付きましたが、振付が少しずつ変わっていましたね。横2人が中心に寄ってくるような動きとサビの振付も今までのとは違って豪華な感じになっていました。このことは終わりの挨拶で夏川さんが言及されていましたし間違いないでしょう。

 

 

『Brave Sail』。新曲でした。

歌唱前MCで夏川さんが「皆さんと一緒に盛り上げる曲です~」と言っていたので、どんな曲だろうと思っていたら

「3匹の子ブタが、お母さん(?)に何かを言われて、ふくろうなど様々な動物に知恵を借りて(?)、葉っぱの舟、土の船、そして木の船を作って航海にでる(曖昧)。」

といった感じのストーリー曲でした。

サビに「~な○○!(動物名)」というコールがあって、ここはスクリーンに出るので初見でもやりやすいコールでした。

一つこれから初見の方に注意する点を伝えるなら

 

1サビ終わりの掛け声は「イェイ!」だけど、2サビ目の後は「えぇ…」だということ!

 

これ、2サビ終わりも「イェイ!」でしょと(勝手に)思って大声で叫んだら、完全に浮いたし、恥ずかしかったですはい。ちなみに3サビ終わりはまた「イェイ!」なので安心して叫びましょう。

スクリーンにコールが出ていたとはいえ、初見ながらこちらのコールがそれなりに揃っていて、3人は驚きつつも満足げな様子でした。

 

『パーリー☆パーティ』

「Brave Sail」に続いてストーリーものの曲。これは振付は変化ないと思います。3rdでもそうでしたが、歌い出しがちょっと危うかった。でもすぐに持ち直してましたね。たしかにメロディーが無いので歌い出しが難しい曲だと思います。個人的に好きなのはやっぱりマカロンドラゴンの件ですね。後ろ振り向くときの怯えた感じがなんともたまr

 

 

ここで舞台が暗転し、スクリーンが下りてきて朗読劇がスタート。

長くなったので別記事にした朗読劇の内容を貼ります。曖昧なところが多いですが、記憶の補完になればと思います。気になった方は読んでみてください。

 

amayo401.hatenablog.com

 

『Chip Log』。またもや新曲!

ツアーの朗読劇のテーマ曲として冒頭に流れたこの曲をそのままの流れで初披露。

曲調は分かるかどうか微妙ですがミリオンの『Your HOME TOWN』みたいな感じです。お遊戯会のような感じでなかなか楽しい曲。

コールは間奏のあたりで「おーえす!おーえす!」と掛け合うところがあります。

まだ1度しか聞けてないのでまた早く聞きたい…!

間奏中に自由に動くパートがあるんだけど、麻倉さんは劇中では平船員なのになぜか操舵輪をぐーるぐーると大きく回してて(可愛い)、雨宮さんは船長なのになぜか舞台の階段下をひたすらモップがけしてましたwあまりに必死で笑ってしまったww

 

 

『Chip Log』が終わると待望のソロコーナー!

 

夏川「では~~~そろそろソロコーナーに行ってみましょうか~?」

麻倉「え、なにそれダジャレ?w」

夏川「…え!違うよたまたまだって!」

 

ソロ①『明日は君と。』(麻倉もも)

ほんとに良かった。私は11月3日のリリースイベントにも参加したのですが、大きなステージでも堂々と歌えていて本当に魅力的でした。

振付で特筆すべきは「わたしのことをひとりじめして」のところで、四角形の角を「ちょん」とつつくように一つずつ叩いていくところと、後奏最後の振りむきで右手を顎に添わせながら髪をファサーってやるところです。実に麗しい。

歌唱はやはり歌い始めはちょっと緊張してるのかなと思いましたが、それでも2度目だからか、リリイベの時よりは幾分安心した様子だったと思います。ここでも「わたしのことを~」のところが、感情豊かで引き込まれました。

惜しむらくは衣装が良く見えなかった…クリーム色のタイトっぽいスカートだったのかなぁ…柄もちょっとドレス風?な感じだったように見受けられました。美しい。

 

ソロ②『Silent Sword』(雨宮天)

文句なし。やっぱり天ちゃんのパフォーマンスは安定しているなぁと思わされます。歌のみならず腕の動きや表情を見ても、凛々しくてかっこよくて好きです。会場も大いに盛り上がっていましたね。本人も言及していたけど、衣装もカッコいいですよね。スラっとした雨宮さんによく似合っていて素敵。黒と青。

歌唱では、高音が相変わらず良く伸びますね。音圧のブレが少なくて圧倒されます。

 

ソロ③Daisy Days』(夏川椎菜)

あの!あのさ!泣いたよね!

夏川「実は今回…なんと、ツアー用のオリジナル曲を作っていただきました~!」

いやぁ…もう。高ぶってあまり歌詞を聞けなかったのが悔やまれますが、色んな方のお話を聞いていると、夏川さんに合った「ブログ~」とかそんな歌詞があったようです。僕が覚えているのは唯一「白黒つけて~」と「平和で居たい~」みたいなところです。

Daisy(デイジー)の花言葉『平和』『美人』『希望』『無邪気』

素敵でした本当に。特にサビ前(だったかな~?)で左に振りむきながらロングの薄黄色ひだありスカートをファッサーってやって(そこの音楽が「タラリラリラン♪」みたいなやつでそれに合わせてた)いて、実に可愛らしかったです。

歌唱については、やはり歌い出しがちょっとブレていたようでした。初披露だし、これからツアーを通して、この曲と一緒に夏川さんも成長していくのかな、なんて思っています。

ちなみに夏川ソロMCは

夏川「はい~皆さん、ほんとにそらのSilent Swordかっこいいですよね~。あれ『Silent』って『静かな』ですよね?そう、『静かなる剣』…カッコいいですね~w

えーっと、実は今日ですね、夏川、本番にもかかわらず寝坊をしましてですねwまぁ寝坊と言っても5分くらいなんですけど(ここで右手を『5分』に合わせてコの字にしてはにかむ。可愛い)。いつも私少し高い棚に目覚ましを置いてるんですけど、なんか鳴るときの振動でちょっとずつ前に来てたみたいでー(目を細めて笑う)、今朝目覚ましが「ジリリリー♪」って鳴って、私が止める前に「ガタンッ」っていって落ちて音が止まっちゃってwそれで寝坊しましたw……まぁ今日歌う曲となんにも関係ないんですけどね(笑)

えーっと、実は今回、なんと、夏川のためにツアー用のオリジナル曲を用意していただきました!!(会場がめっちゃくちゃ湧く)

皆さんありがとうございます。曲名は『Daisy Days』です。夏川らしい曲になっていると思います。ぜひ聞いてください。」

って感じですかね。ステージの演出は黄色中心。花柄っぽいライト演出でした。

 

ということでソロコーナーが終了。

夏川さんが着替えのためはけると、ツアー用衣装に身を包んだ麻倉、雨宮が登場。

 

雨宮「ねぇ、Daisy Days可愛かったよね~あのナンちゃん特有のステップ、アレ可愛い。」(それほんとそれ)

麻倉「それね!こういう…」

(そういって夏川さん特有の例の左右に揺れるステップをやる2人)

雨宮「結構難しいw」

麻倉「そう言えばDaisy Daysってあの…」

雨宮「え、それって今言っていいやつだっけ…」

麻倉「あれ?…」

雨宮「じゃあ今のは無かったということで~w」

(そう言ってじゃれあう2人。はい…。)

麻倉「私たちも皆さんの反応が楽しみで(笑)裏にはけてからすぐモニターの前にいって、ナンちゃんが発表した瞬間一気に「わーー!」ってなってて「しめしめ」(低音)ってなってたの~」

雨宮「ね、もちのさ、『明日は君と。』のさ、あのさ、「わたしのことを」っていうところ、さ、可愛いよね~(いつものあの声)」

麻倉「もぅ!やめてよーバカにしてるでしょ!」

雨宮「もちみたいな可愛い声がでないのぉ~」

(夏川登壇)

夏川「そらの『Silent Sword』もほんとカッコいいよね。静かなる剣つって(突き刺すような動き)」

雨宮「そうそう「サイレント・ソーード」つってね。あ、曲名で遊んじゃだめだ(テンペロ)」(壇上で辺りをブスブス突き刺してた)

 

 

ゆずれない願いハモリ曲は「魔法騎士レイアース」からでした。

私はこの曲は完全に曲しか知らない人(不勉強)でしたが、サビのハモリは本当に素敵でした。いつも思いますが、ハモリの時にしか使わない3人の低音、とっても良いですよね。深みがあるし、高音パートを歌っている人を本当に支える重厚感があるなと思います。

 

『センパイ。』こちらも初披露

この曲、実に切ない。試聴した時から歌詞と曲調にドハマリしてまして、会場前のMVをずーっと見てる程でしたので、フルで聞くのを心待ちにしていた1曲でした。

ただ、正直後ろだとあまり聞こえなかった!そう歌詞が!とりあえず3人が切なそうな表情をしている事、歌詞が儚い恋心を描いている事は分かった!

今後に期待、な曲です。

ShortMVの内容はネタバレになるから書かない方がいいのかな。Twitterでは多少喋ってますが、とにかくいいですよ。3人はまるで女優のようでした。

若干横道にそれますが、MVに出てきた高校のロケ地は狭山市立東中学校」だそうです。実際に廃校になったそうですが…中学校じゃん!(そこはどうでもいい)

 

whiz

whiz』はですね、相変わらずあの軽やかなステップがいいですよね。さわやかなメロディラインに良く合っていて、何度見ても心地いいです。

歌唱については特記すべき点はなし。逆にいえば特に問題なかったということでしょう。この曲は3人にとっても歌いやすいのか、何度聞いてもあまりブレがないですよね。『センパイ。』からの爽やかな流れで楽しかった。

 

『primary』

好き。特にサビの振付が好き。夏らしくまるで麦わら帽を投げるかのようなサビの入りから、左右への揺れ、ななめに腕を交互に伸ばす動き、と。こちらも爽やかメロディで良いです。歌についても問題なし。『whiz』が結構疲れる曲で(前にどこかで言ってた)、『primary』も良く動く曲なのでどうかなと思っていたら期待以上に聞かせてくれました。これも歌いやすそうでした。

この2曲が会場限定曲、ということで会場ごとにアルバムから色んな曲をやっていくようですね。

 

続いて盛り上がるコーナー

雨宮「さぁて、皆さん、まだまだ元気残ってますか~!盛り上がる曲行きますよ~」

 

『コバルト』

High Free Spirits

『Baby my step』

 

完全に盛り上がるコーナーでしたね。

雨宮「毎回、ね、Babyなんかも回数をこなすごとに、どんどん皆さんの声が大きくなっていって!」

夏川「ね~」

後ろから聞いていても非常に盛り上がっていました。それにしてもHFS相変わらずの人気ですねw

あと、HFSについては歌い分けが少し変わっていましたね。こちらも最後の挨拶で夏川さんが言及していたので間違いないでしょう。気付いたのは1サビの「明日の産声を」のところ。ここはいつも麻倉さんのパートでして、彼女のアツい高音が聞けるとあって、ファンの中ではここの出来を毎回チェックしてる人もいるみたいです。誰のことでしょう。そうわたs

ということで意識していたのですが、今回ここを1サビで歌ったのは雨宮さんでしたね。ちなみに麻倉さんは落ちサビで歌っていたので満足しました。

 

ここで最後の挨拶。いつも通り夏川さんが適切にまとめる。

夏川「本日はお越しくださりありがとうございました!TrySailツアーの始まりということで、よい船出になったと思います!」

 

Youthful Dreamer

実家感。良いですね。もちろん歌唱面も良かった。CDに比べてやっぱり一段と成長した歌声だな~と聞く度に思ったりします。観客も安定のコール。落ちサビ前の「フッフフフッフフフッフッフフー」は長すぎて戸惑ってる人もいたかな。振りコピもみんなしてたし、浸透してるな~と思った。

 

一度退場し、アンコール。僕はセンターあたりに居たんだけど、左右でアンコールのテンポがずれてて困惑したwしっかりしてw

 

アンコールに応えて3人が登壇。会場Tシャツに麻倉→白のひざ丈スカート(腰にピンクのリボン)、雨宮→白のサブリナパンツ、夏川→白のミモレ丈スカート

 

夏川「私の曲、『Daisy Days』なんですけど、あれ頭文字取ると「DD」なんですよね(笑)」

雨宮「さっきそれ言おうと思ってwね、もち?」

麻倉「えぇ!?私はナンちゃんの衣装にデイジーがたくさんついてて可愛いな~って」

雨宮「あれ、通じ合ってなかったの私たち!?(笑)」

 

『ひかるカケラ』(アンコール)

こちらも安定。サビの振りコピ楽しいけど右スタートか左スタートかでみんな揉めるw

 

最後の挨拶

麻倉「良い船旅?船出になる?あれー?」

夏川(麻倉の耳にささやく)

麻倉「よい旅路にしていきましょー!」

チームプレイ。

 

新情報解禁、ということで

・6thシングル『オリジナル。』

2月8日発売決定。TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」のOPになるとのこと。カップリング曲として、『Chip Log』が収録されるそうです。

後でポータルの情報で知りましたが、作曲がミトさん、作詞が岡田磨里さんということで

「完全にここさけじゃん…勝ったなガハハ!」

と思ってます。

 

 

【全体の総括】

TrySailツアー、始まりましたね…ついに東京横浜を飛び出して、まさに出航といった雰囲気。その1つ目の公演、実に楽しかったです。何より新情報が盛りだくさん。夏川さんのソロ曲も含めて4曲も新しい曲が初披露されたのは驚きでした。

1つ、会場柄仕方ないとは言え、モニターが無かったのがとても辛かったです。どうしても後ろだとモニター無しでは表情はおろか、衣装も見えないのでキツかった。双眼鏡持ってこいって話ですけどね。例えばMCの短い間だけでもモニターが欲しかったなぁと思いました。

2つ、やっぱりもう少しMCパートが欲しいでしょうか。まぁ僕の記憶力のせいであんまり覚えてないのはあるし、ライブだからというのはありますが、今後せっかく全国各地を回るわけですから、ご当地の話題が欲しいなぁと思います。持ち曲からしてどうしても単調になりかねないので、ご当地トークをふんだんに入れて欲しいなと思いました。

とはいってもこの2つは完全にワガママなので、公演自体には大満足でした。

麻倉さんの『明日は君と。』で一度泣き、雨宮さんの『Silent Sword』がカッコよすぎて涙がふっとび、夏川さんのオリジナル曲の発表でまた泣いてました。

夏川さんのソロも近いかな。楽しみに待ってます。

(早くナンちゃんのDaisy Daysを発売して…)

 

 

追記(11月17日):Twitterの方でセトリに「あかね色」が抜けているという指摘をうけまして、全くその通りもうしわけありませんでした。

primaryのあたりの順序だったかなと思います。

あかね色はTrySail曲の中で最も遅いテンポのバラード曲ですが、この曲は伴奏の音が少ない分、3人の声を楽しめる曲だと思っています。3rdライブで初披露した時から会場がゆったりとした雰囲気にのまれ、ペンライトもあかね色に染まった様子はとても素敵でした。今回も同様に温かい雰囲気に包まれ、激しい曲の間にあって、束の間の安らぎといった感じでした。

 

 

他にもご指摘等あれば、Twitterかコメントでお知らせいただけると幸いです。

 

Sail Canvas(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

Sail Canvas(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)